セルの部屋トップへ
国内旅行トップへ
海外旅行トップへ
このページのトップへ

夕食は、グランドホテルの前にある 韓国館(2Fにあります) というお店で頂く事にしました。
ここは、以前サイパンを訪れた時にも行ったお店です。
お店の方もいい感じで、料理もすごく美味しいのでお勧めですよ。
ユッケやチヂミ、海鮮鍋、豆腐チゲ、骨付きカルビ等など、どれも全て美味しかったです。
もちろんキムチも数種類でてきますよ。多分無料だと思います。白いご飯も付いてた。
その中でもスルメのキムチはお勧めかな。少し甘味があって美味しいです。
食べた後に 「しまった~ 写真を撮ればよかった…」 と反省
映像があるともっと美味しさが伝わったのにな
またまたここでもビールに焼酎と注文したけれど、全部で$129ほどでした。
6人だと、一人当たり2,600円ほどかな。夕食にしては安いと思うんですけど。
なかなか日本では本場に近い韓国料理も食べる事がないため、両親もまたまた満足そうでした。

明日はマニャガハ島で遊ぶ予定
夜中に到着して、翌朝からフル回転だったのでさすがに疲れた様子の両親ですが、
それ以上に楽しそうな姿に満足な1日でした。

でたぁ~~ 甘そう…

ショッピングセンターの店内はこんな感じ。楽しい物がいっぱいで見ているだけでも飽きません。

予定していた時間を大幅に過ぎ、お腹も空いてきたのでこの辺で観光も終わりにしようと思い、
その旨をドライバーさんに告げると、
「ここから近いし、
バードアイランド はとても綺麗だから是非行った方がいい」と言われ、
行く事になりましたが、こう言われると弱いのよね~ 
(^ ^; 
本当はグロッドに行きたかったんだけど… ま、次回ということで
でも行って正解!
とっても綺麗な海でした。
今までの海も綺麗だったんですけど、ここはまた違った綺麗さがありました。
海の青さが、一段と深く鮮やかでしたね~

マドック岬南の入江にある無人島。
ここは有名なダイビングスポットなのだそうです。
海岸から少し離れた沖合いに石灰岩の小さな島が見えます。
石灰岩がミネラルを豊富に含んだ草を育て鳥達の巣作りを助けるため
海鳥の産卵地となっているそうです。
ちなみに、私達が行ったときには1羽も飛んでいませんでした 
(>_<) 残念。きっと時期があるのでしょうね。

眺めがいいとタクシーのドライバーさんが言うので、
マッピ山の山頂展望台へ移動することにしました。

スーサイド・クリフ

サイパンの最北端
海抜約250mのマッピ山の山頂に切りだった断崖
ここもバンザイクリフと同じく悲しい歴史を持つ場所です。
たくさんの日本兵と民間人が、
南から攻めてきた米軍に追いつめられ
ここから身を投げました。
マッピ山頂上からの眺め
この日はお天気も良かったお陰で、
緑も映え綺麗な景色でした。

足がすくむような高さです。
追いつめられ、
この高さから身を投げたのですね…

タポチョ山を降りてくると、もうすでに1時間を経過していました。
予定ではあと1時間だけど、ちょっとぐらいはオーバーするかな…と思っていたら、
普通の道に出てからも、すごくゆっくり走るんですよ~
20キロぐらいしかスピードがでてないの!
他の車はビュンビュン走っているのに…
なんでこんなにゆっくり走るんだろう?って不思議に思っていたけど、
これって時間稼ぎ?

この後2~3ヶ所を見学したんだけど、3時間もかかってしまったのです 
|||(-_-;)||||||
もう少し早く走ってくれたら、すこしは時間短縮になった気がするんだけど…
はじめに「2時間でここと、ここを回って」というふうに、
時間をしっかり約束しておけば良かったなと後悔。
安くあがると思っていたのに、結局1人3,600円ぐらいかかったしまいました 
(> <)
でもこの値段で、タポチョ山まで行けたんだから安かったかな?
しかしあの車のスピードは納得いかなかったけど…


次に向かったのは、プンタン・サバネタ です。
通称 
バンサイ・クリフ とも呼ばれています。

太平洋戦争末期、アメリカ軍に追いつめられた日本兵や民間人が、
サイパンでいちばん日本に近いこの断崖から 「天皇陛下、万歳」 と叫んで身を投じた
悲しい歴史が残る場所
わが子を殺して自決した人もいたそうです。
周囲には慰霊碑や観音像が建ち並び、戦没者の霊を弔っています。

そこは悲しい歴史を持つ場所には似合わず、
眩しいくらいにキラキラと光る、とても綺麗な青い海でした。
断崖には激しい荒波が何度も打ちつけ、
「あの悲劇を忘れるな」 とでも言っているかのようで、胸に響きました。

さぁ、島内観光に出発!
まずは、
タポチョ山 へ行く事に。

しかし、ここでおきまりの行動が…
ドライバーさんが、
「タポチョ山は暑いから飲みのもがあったほうがいいから、買って行くか?」って聞くんです。
事前にミネラルウォーターを買っていたので「いや、大丈夫」と言ったつもりだったのに、
結局ガソリンスタンドに連れて行かれて、「そこのお店で買ってください」みたいな感じで。
よくあるパターンだよね~
しょうがないので、ビールとジュースを買ってしまいました 
(^-^; 
こういうツアーを頼むと、必ずこういう所に連れてこられますよね~


タポチョ山に行くまでの道路は、途中から舗装がされてない砂利道なので、
レンタカーを借りて自分達が運転するんだったら、きっと諦めていたと思います。

ここをドライブ先に選んだので、予定していた時間を大幅にオーバーてしまいました。
とにかく、
が3つほど付くくらいスローペースで走るんです 

そりゃあ、この砂利道じゃしょうがないけど… でもひど過ぎ!(`ε´)ぶー
こんなにゆっくりしか無理なの~?っていう感じで
でも、ここは時間をかけてでも行く価値はありました。

サイパン最高峰、標高476mから見渡す景色は「素晴らしい」のひとことでした。
頂上に登って、辺りを見渡すとサイパンが一望できます。
サイパンってこんなに小さい島なんだなぁ~って実感します。
海の色もサイコーだし、ここは本当にお勧めです。

朝食は、ジョーテンショッピングセンターでパン、チーズ、ハム、ピクルス、マヨネーズなどを買い
部屋でサンドイッチを食べたので、安く美味しく済ませる事ができました。

今日はマニャガハ島へ渡り遊ぶ計画
さあ、どうやって島へ渡ろうか?
以前に行ったときは、第一ホテルの近くから出ている船に乗ったんですけど、
バスが各ホテルを回って参加者を乗せ、全員が揃ってから船に乗り島へ渡るんですけど
これだと時間のロスが結構あるんですよね~
遅刻してくる人とかもいるし、帰りの船の時間も決められているしね。

子供に高齢者もいて、安全で時間短縮なのは… と考えると、
やはりホテルのビーチから直接行った方がよさそう
ということで、とりあえず水着を着てホテルのビーチに行く事に
ビーチに行くと、いたいた!やっぱり声をかけてきました。

値段表を持って「今日はどうするの~?いいのがいっぱいあるよ」
なーんて言いながら、必ず声をかけてくるんですよ。
実は、ホテルの前からバナナボートで行くのがいいかな?と考えていたんです。
濡れた水着のままでいいので、着替えもいらないし
後は値段交渉ですよね。
少しねばって値引きをしてもらって、1人3,500円ぐらいだったと思います。
バナナボート+途中のポイントで降ろして少し遊ばせてくれます
それと魚の餌+入島料が含まれています。
もちろんシュノーケルセットや砂浜で使うゴザもついてます。
他にもクーラーボックスや氷なども用意してくれました。
お昼は付いていないので、お菓子や飲み物などを買って持っていくことにして、
お腹が空けば向こうでも食べる所はありますからね。
迎えに来る時間は自由に決められたと思います。

まず小さなボートに乗って、ポイントまで行き沈んだ戦車などを見せてくれます。
ちょっと遠いですけど
そのポイントでは少しの時間シュノーケリングができ、魚に餌などがあげられます。
が、これは付けなくても良かったなと思いました。
たいしたことなかったです。
魚はマニャガハ島の方がたくさんいました。

このポイントからバナナボートに乗り換えて島へ向かいます。
バナナボートは思ったほどスピードはなく、
子供やお年寄りでも安心して乗ることができますよ。
多分スピードは抑えてくれていたんでしょうね。
足元の海は驚くほど綺麗なブルーで、それだけでも感動しちゃいます。
途中で大きく回って波を立ててバナナボートを揺らせてくれるというパフォーマンスをしてくれますが、
初めの1~3回ぐらいは楽しいんですけど、結構何度もやってくれるので
途中で「もういいんだけどなぁ~」って正直思ってしまいます (^-^;

2005年11月20日(日)

2005年11月19日(土) 


朝起きて窓の外を見ると、いいお天気♪
絶好のドライブ日和です。


去年はフーの会社の人達と行ったんですけど、
今回は私達夫婦、姉とその子供(12歳)、両親(70歳以上)
を連れての旅行になりました。
いつも夫婦2人の気ままな旅ですが、
今回は子供にお年寄りもいますのであまり無理はできません。
もちろん両親は海外初体験なのです。
さて、どんな旅行になるのやら…

2005年11月18日(金) 


関西国際空港 20:35 発 (ノースウエスト航空)  
サイパン着 25:15   
ホテル : サイパンワールドリゾート (ススペ)
      


会社を早退して、18:00頃に関西空港へ到着しました。
搭乗手続きは 18:40からなので、その前に両替をする事に。
高い(> <)  1$120円超えてるよ~
この前まで110円台だったのに… 安いときに両替しとけばよかったな。 と少し後悔

搭乗手続きを済ませ、まだ時間があるので免税店をブラブラ…
初めての免税店に、母は「たばこが安い」と大喜び。
日本の半分の値段だもんね~
そうだよね~、私も初めての海外旅行の時こういう事で大喜びしたよな~ 
(*^ .^*)
なんか新鮮だな… などと思いながら、はしゃぐ両親の姿をみておりました。

両親にとって飛行機は、苦手な物のひとつ。
お酒好きの両親が、アルコールを頼まずお茶を飲んで固まっておりました (^-^;
サイパンなら3時間ちょっとなので、年配には丁度いい距離かも。
時差もほとんどないですからね。

2005.11.18 ~ 11.21

旅行の日程は11月18日の金曜日夜出発、21日月曜日朝着の4日間です。
今回初めてインターネットで申し込む事にしました。
今まで旅行会社に足を運んでいたので、初めての試みです。
とにかく安く… と考えて、選んだ旅行会社は 
てるみくらぶ さんです。
なかなか電話が通じにくい時もありましたが、思ったよりスムーズに段取りはできたと思います。

まず、ホテルですよね~
これで旅行代金がかなり違ってきますからね。
子供もいるし、ホテル内のプール施設が充実しているホテルにしようと思い 
パシフィック・アイランド・クラブ・サイパン にしようと思っていたんですけど、
『部屋の眺望指定なし』 なのに結構なお値段なのです ε=( ̄。 ̄;)


今回両親は海外旅行が初めてだし、
やっぱり部屋から海が見えるオーシャンビューにしてあげたい…
サイパンでは2日間しかないのに、はたしてホテルのプールで遊ぶかしら…?
今回の目的は子供中心ではなく、両親を楽しませる事!
プールよりも海だろうな~
戦争を経験している両親にバンザイ・クリフなどを見せてあげたいので島観光ドライブもしたいし…
などと、いろんな事を考えていると、
ホテルのランクを落としてもオーシャンビューの部屋指定にした方が
朝起きた時、窓の外を見たときのインパクトが全然違うんじゃないのかな~
やっぱり一番最初に目に入る景色が、青い海の方だんぜんいいよな! などと考え、
ホテルを
 サイパン・ワールド・リゾート に変更しました。
本によると、このホテルにも新しいプール施設ができているみたいなので。
しかし後で分かった事なんですけど、
このプールは大幅に工事が遅れて、まだ未完成だったのでした。
さすが南国スピードだったのです 
(> <) 残念


サイパン到着は01:19 です。
夜中に着くのは年配の方には、ちょっと辛いですよね。
いつもはもう寝てる時間ですからね。
でも関空からは、サイパンには夜中着の便しかなのです。

入国審査も子供がいると先にしてもらえました。
普段どおり並んでいたら、
別のカウンターが開いて「子供のいる方、こちらへどうぞ」っていう感じで
時間も遅かったので、これは助かりましたね。

テルに着くと、とりあえずお風呂に入り明日の相談も兼ねて両親と姉の部屋へ
部屋は6階で、3部屋とも続いて取れていたので助かりました。
申込みの時に、部屋の希望は伝えておきました。
部屋はなるべく同じ階で近いところと、見晴らしのいいなるべく高い階をお願いしていたのですが、
やはり旅行シーズンは、なかなか難しく条件どおりにいかないそうです。
この時期は比較的に空いている時期だったのでよかったですけど。

両親は海外が初めてなので、なにかと不自由するだろうと思い
姉の部屋とドアで行き来ができる 
コネクティングルーム をお願いしておきました。
別料金がかかるんですけど、これは正解でした。
ドアを閉めると全く別々の部屋になるので、プライベートも守れます。
この部屋のお陰で両親も安心できたようでした。

明日は、朝ゆっくめの9:30頃に集合予定にして、
第一の目的である 島内観光 をすることにしました。

朝ご飯は、ホテルの前にある超有名な えびすや で買って、部屋で食べる事にしました。
ここは日本食が充実しているらしいので、両親も喜ぶはずなので。

ついでに、レンタカーも借りようと思います。
気になっているのは、6人乗りの車があるかどうかということ。
予想どおり、6人以上乗れる車は台数が少ないためありませんでした。
やはり日本から予約を入れておくべきだった。
もし、大型車を借りられる場合は事前の予約をお勧めします。
さぁ~、今日の島内観光はどうしょうか… 
(・-・)?はて

ツアーデスクに行ってみたのですが、
時間が遅すぎて半日島内観光ツアーの申し込みは終っていました (> <)
いい方法はないかとツアーデスクの人に聞いてみると、
タクシーをレンタルする方法がありました。

ホテルの入り口に案内の人がいて、いろいろと説明してくれました。
タクシーは時間で料金を支払うシステムで、1時間 1人$10です。
大体2~3箇所を回ると、2時間程度なのだそうです。
それだったら安いかも… と思い、10:30出発でお願いしました。
しかし、この曖昧な約束が後で後悔することになるのでした。


観光の前に、まずは朝食をとらなければ… 
集合時間に余り時間がないので急いで 
えびすや へ

海洋皇宮魚翅海鮮酒家

ふらっと入ったお店でしたけど、
思ったより美味しかったです。
お店に入ると、ショーケースに大きな乾燥フカヒレや
乾燥ホタテなどが飾ってあったので期待してたんですけど、
フカヒレは期待はずれでした。
まずはビールですよね~

おつまにピーナッツが付いて
1本 $5.50 
お勧めは?と聞いて出てきた一品
水餃子みたいなもので、エビが入っていました。
もちもち&ツルリとした皮がいい感じで、
すごく美味しかったです。
1皿 $4.00 
焼ギョーザ

素朴な味で、美味しかったです。
1皿 $3.00
ナマコのアワビソース煮
$18.00

フーが日本で食べたなまこが美味しかったからと
頼んだのですが、ナマコの生臭い感じが残っていて、
これはダメ!
噛まずに飲み込んじゃいました。
フカヒレの姿煮
$35.00

これが期待はずれでした。
姿煮って書いてあったのに、
出てきたものは姿じゃなかった。
味は悪くなかったんですけどね。
値段からしたらこんなものなのかしら?
チャーハン
$10.00

ケチャップ系とホワイトソース系の
2色のソースがかかっていました。
本当は何もかかっていないごくふつーのチャーハンを
頼んだつもりだったんだけど…
メニューが読めなくて… 
こんなチャーハンがきちゃいました(^-^;
シューマイ
$4.00

ごく普通のシューマイなんですけど、
シイタケなどの具が大きめで、食べ応えはありました。

マニャガハの海と魚に両親も大喜びで、島を歩いて散歩したりと
それなりに有意義な時間を過ごしていたようです。

あんまり遊びすぎて疲れが出ては困るので、4:00に迎えに来てもらうようにお願いしました。
帰りもバナナボートと思っていたんですけど、ボートでした。
期待はずれだったけど、時間は短く済みました。
ボートでの移動も風が心地よかったです♪

ホテルに帰ってのんびりしてから、夕食へ
今回も近くで済ませることにして、ホテルの前の中華料理のお店に入りました。

とうとう明日は帰る日になってしまいました。
ホテルに戻って荷物の整理をしなくては…
集合時間は、夜中の3時35分。
は、はやい… 
ε=( ̄。 ̄;)
サイパンは近くていいけど、この飛行機の時間はどうにかならないものですかねぇ~

両親にとっては初めての海外旅行なので、お土産がすごい!
そうそう!初めての海外ってついつい嬉しくて皆に言っちゃうんだよね~ 
(^-^;
だからお土産も増えちゃうし…
私達もそうだったよな~ などと思い出してしまいました。
今なんて、なるべく黙って海外に行っちゃうもんね~(笑)

楽しい時間はアッという間に過ぎてしまいますね。
今回もお天気に恵まれ、いい旅行になりました。
さあ、遅れないように早めに就寝。

機内食

鶏の照り焼き丼のようなものと、
フルーツ、パンケーキでした。

これこれ!
ノースウエストに乗ると
必ず最初にこれが出てくるのよね~
これ大好き!
ビールによく合うのです♪

出口をでると、お迎えの車がきていました。
私達の他にもう1家族だけだったので、
すぐに揃って出発できたのも楽でした。

去年は結構大きな旅行会社に頼んだものですから、
迎えはバスで、皆が揃うのに時間がかかるうえ、
ホテルも何箇所か回るので、
それだけで疲れるんですよね~
夜中ですからね。

完成図
出来上がるとこんな感じ

プールの進行状況はこんな感じです。
ホテルの部屋から真下を見るとこうなってます。
気になるといえば気になりますが、
6階の部屋からだったら窓の真下を見ることも少ないし、
青い海の方が勝っているので、私はあまり気になりませんでした。
2006年の初めには完成予定になっていたけど…  
間に合うのでしょうかね?(笑)
とにかく南国スピードで作業は進んでおりました (^-^;

コネクティングルーム
このドアを開ければ、
2部屋を自由に行き来ができます。
閉めれば鍵もかけられ、
プライベートは守られるみたいです。
年齢層が違うと寝る時間帯も違いますからね。
便利だと思います。
両親もこの部屋のお陰で、随分安心できたようです。

家具もベージュ系で統一されており、
明るい感じがします。
床もフローリングなので、
木の優しい感じがしました。

着いた日のベットは、ちょっと湿気が気になったかな?
次の日からは、そんなに感じませんでしたけど… (^-^;
お風呂もちょっとだけ、カビ臭かったかも…

古いから仕方ないかなと思ってしまいました。
でもホテルの雰囲気は、すごくいいです。

ホテルはかなり古めですが、
このお部屋でこの値段だったら納得です。
部屋も広めで、圧迫感がなくゆっくりとできます。

ホテルの前に ジョーテンショッピングセンター 
があるのも助かります。
ススペなので静かで、
子供やお年寄りにはいい環境だと思います。

やっぱり窓からは青い海が見えたほうがいいですよね~

サイパンだからオーシャンビューのお部屋に泊まれるけど、
ハワイなんかじゃ高くて絶対に無理だもんな(笑)
両親も大変喜んでおり、
「 こんなに綺麗な海は日本にはないね~。
 日本海の海も綺麗だと思っていたけど、
青さがこんなに違うんだね 」
と申しておりました。
P・I・Cにしてたら、
きっと駐車場かテニスコートしか見えなかっただろうな 
(^ ^;  実は予算の問題なんだけど… (笑)

ホテル内のコンビニ
朝8:00 ~ 深夜の3;00まで開いています。
アルコール類は、10:00頃までしか購入できません

ホテル内にある エステティックサロン La Mer
ここはコーヒー豆を利用したエステがあります。

ロビーの様子

ホテルのカウンター
チェックイン、アウトはここで

ホテルの入り口は,、リゾート気分満載

ホテルの外観

店内で食べる事もできるようです。
座席の数は少ないですが、
ほとんどがお持ち帰りなので店内は空いています。

パンは店内で焼いていました。
サンドウィッチの種類も豊富で迷うくらい
もちろんサンド以外のパンもあります。


サンドウィッチ 1個 $2 程度

日本食がとても充実しています。
巻き寿司、いなり、やきそばと種類も豊富です。

右に写っているのは、生のマグロです。
何かで和えてある感じでしたけど… 
醤油ではなさそうな…何だろう?
巻き寿司も生のマグロが使ってあり、
鉄火巻きもありました。
なかなか美味しかったです。


巻き寿司(1本) $2.60     
いなり(3個入り) $1.80

えびすや (EBISUYA)

年中無休  営業時間 7:00~22:00

ホテルの前の道を渡ったところにあります。
日本人経営のコンビニ

思ったより風格がありましたね 
( ^-^; 
ここが有名な、あのえびすやかぁ~

レンタカーデスク

このホテルは トヨタレンタカー です。

タポチョ山に登る道は、こんな砂利道ばかり
左写真の急な坂は、頂上手前の道です。
私達の乗った車はこの坂を登れずに、
結局歩いて登りました(> <)

雨の日は、とても通ることができないそうです。
レンターカーでここへ来て、
立往生している車が結構多いそうですよ。
思った以上にすごい道でした。

山頂からはガラパンのホテル街をはじめ、
マニャガハ島やサイパン空港、ススペ湖、そして隣のテニアン島、
遥か南にはロタ島までも望むことが出来ます。
そして北側にはアナタハン島などの北島列島が見えることもあるそうです。

山頂にはキリスト像があり、キリスト像の先の広場には
戦争当時のことを書いた案内板が4つほど設置されています。
タポチョ山に係わる60年前の日米の攻防を垣間見ることができます。

バンザイ・クリフから10分ほど車で走ると、バナデロ に到着。
ここはマッピ山の崖下にあり、通称 
ラスト・コマンド・ポスト と呼ばれているところ。
日本軍最後の司令塔跡地です。
トーチカの壁には直撃弾による大きな穴が開き、広場には機関砲や戦車の残骸も残されています。

この4品で $150ぐらいだったかな~
この他にハンバーガーを1個と、後はビールを何杯頼んだかしら? 
この日はとても暑かったので、結構飲んじゃいました(笑)
お昼から $200以上も使ってしまいました~
6人とはいえ、ちょっと贅沢し過ぎ?なのかな… 
(苦笑)


その後はDFSをブラブラ見たり、向かいにあるABCストアに行ったり、
ABCのお隣には 
ハファダイショッピングセンター という所もあり、買出しをしてホテルへ
ホテルへは無料バスが出ています。

フイッシュフライは、これまたフツーでした (^_^;(笑)

このスペアリブはすごく美味しかったです

チキンのチリソース?みたいな感じでちょっとピリカラ
味は…
  普通すぎてコメントに困ります (≧□≦) 

シーザーサラダ
ドレッシングも美味しくて、あっという間になくなりました

超スロースピードのお陰で予定時間を1時間もオーバーし、
もう午後の2時近くになってしまいました。
お腹もペコペコだし… 
とりあえず DFS で降ろしてもらう事にしました。
無難なところで、お昼は
ハードロックカフェに決まり。
両親には、こういう雰囲気もまたいいみたいですよ。
年配の方は、日本じゃなかなかこういう所には行かないですからね。

朝目覚めて、今日もいい天気?
と窓の外を見ると、雨ではないすか~ (> <)
でも、遠くの空は少し明るくなってきているみたいだし、
大丈夫そうです
雨があがると虹がでました。
今日も暑くなりそうです。

ホテルの宿泊者はここでシュノーケルのセットや
タオル等が借りられます。
もちろん無料です。
でも、足ひれはありません。

ホテルのビーチもきれいですよ。
パラソルやイスもあり、ここでも十分のんびりできそうです。
このビーチにも魚は結構いるんですけど、
やっぱりマニャガハ島の魚の綺麗さにはかないませんね。
このビーチからバナナボートが出ていて、
直接マニャガハ島に行く事ができます。

新しいプールができたらこのプールはどうなるんだろう?

ホテルからビーチへいくまでの様子です。鳥もいるそうなんですけど…

定刻どおり到着し、家路に着きました。
両親も、心配していたほど疲れもでずに安心しました。
年配には丁度良い距離なのかもしれませんね。
時差もほとんどないですからね。
とても喜んでいる姿をみて、「親孝行できてよかったな」としみじみ思うのでありました。

機内食
オムレツ、ソーセージ、マフィン、ヨーグルト


オムレツがちょっと薄味で、いまいちかな~?

まだ薄暗い中、ホテルを出発しました。
行きと同じく、私達ともう1家族しかいないので、アッという間に空港へ到着
まだ人も少なく、荷物検査もスムーズにクリアー
今回良かったな思った事は、ホテルから空港までの移動でしたね。
以前行った時は、団体だったのでいくつもホテルを回って時間がかかるため、
空港へ到着した時には、すでにすごい人!
荷物検査だけでもすごく時間がかかったんですけど、
今回は人数がすくなかったのでとてもスムーズでした。
今回お願いした旅行会社が良かったのかな?

飛行機は定刻どおり、06:05に離陸し、関西空港到着は 08:45の予定です。

2005年11月21日(月)

【 ツアー費用 】    

旅行代金 39,400円 × 6名 236,400円 12歳からの料金です
燃油サチャージ 2,860円 × 6名 17,160円   
サイパン空港税 840円 × 6名 5,040円   
関西空港使用料 2,50円 × 6名 15,900円   
コネクティングルーム使用料 12,000円 × 1室 12,000円 2部屋をつなげて1部屋で使用できるシステム
海外保険 5,000円 × 3名 15,000円   

                                           
 《 合計  301,500円 》
?

この頃流行っていたボージョボー人形

一緒に行った甥っ子がお土産に欲しいという事で
ホテルの前の小さなお店に、行ってみたら売っていました。
偽物もあるという噂もありますが、これはどうなんでしょう?
でも、わざわざ店の奥から商品を出して見せてくれましたよ。
我が家は一緒に買ってもらったので、値段ははっきり分かりませんが
結構いい値段だったような気がします。
2,500円ぐらいしたんじゃないかな~

手や足の組み方で恋愛運、金運、結婚運が願えば叶うということだけど、
我が家は、まだ宝くじは当たっておりません(笑)

大体どこのショッピングセンターも似たような感じかな?
お土産なんかは、こういうところの方が安く買えますよね。日用品や調味料も、いいお土産になりますよね~

タクシーで移動とはいえ、結構な暑さで両親も少しバテ気味な様子
少しホテルで休憩をしてから夕食はホテルの近くでとることにして
私達は、まだ夕食までは時間があるので
まだ行っていなくて気になっていたホテルの前にある 
ジョーテンショッピングセンター を見学
こういうところ、ホントに好きなんですぅ 
f(^^;

HOME