このページのトップへ

今年の1月に大きな手術を終え、頑張ったセルと一緒にいい思い出作りに計画したのが、
今回の富士山旅行なのです。
いつも車中泊のケチケチ旅行で、セルと一緒とは言えゆっくりできないので…
今回は ”初” のペットと泊まれるペンションを利用する事にしました。
「大変な手術を頑張ったセルに富士山を見せてあげたい!」と言うか、
「セルと一緒に富士山を見てみたい!」と願う我が家の夢が、またひとつ叶います。
そして、初めてのセルと一緒のペンション泊。
どんな旅行になるのやら… 

手術後は、かなり元気になったセルですが、
病み上がりのセルに負担をかけないように今回の旅行は ”のんびり” をテーマに
無理をせず予定を立てました。
そして今回の病気で、「もうセルに会えないかもしれない」と思ったとき、
一番後悔した事は…
「もっと一緒にいてあげれば良かった…」と思った事。
仕事でいつもお留守番ばかりさせていたので、
今回はとにかくセルと一緒に過ごす時間を大切しました。


初日に選んだペンションは 
プチペンション ミッキー さんです。
河口湖の近くにあります。
朝早めに家を出ても関西方面から河口湖までは約8時間ほどかかってしまいそうです。
ペンションに16:00頃到着を目安にしゅっぱ〜っ =3

高速で河口湖付近に来た時は、もう14時をまわっていました。
お腹すいたぁ〜 
(◎_◎)
麺好き夫婦が選んだ今日のお昼は 「富士吉田うどん」 なのでした。
知ってました?こんなうどんが存在するなんて… 
知られざるうどんの町なのです。
名前の通り、富士吉田と言う地名の所にあります。

このうどんの特徴は、とにかく太い麺!
その食感はモッチリで、噛み応えバツグンです。かなりの歯ごたえです(^-^;
濃い目のスープなのにしつこくなく、
シャキシャキとしたキャベツの食感がまたいい感じです。

そこで、河口湖インター手前の ”富士吉田” でおりて、うどんを食べる事にしたのです。
我が家が目を付けたお店は ”美也樹(みやき)”さん ですが、
ギリギリ営業時間14時に間に合った甲斐もなく、売り切れでアウト! (> <) ショック!
ここでボヤボヤしてたら他の店も閉まってしまいそう…
そんなのダメだ!こうなると、どうしても吉田うどんが食べたい(笑)
悩んだあげくに、”開花(かいか)”さん に決定!
無事うどんにありつけたのでした。

ラベンダーとセル

ふたりともぐっすり寝ています (*^.^*) おやすみ

ペンションの前で

ペンションに着き、ホッと一息 (*´ο`*)=3
部屋は少し狭い感じはしましたが、気を使わない雰囲気で結構落ち着く事ができました。
ペンション初体験のセルも落ち着いて、とってもいい子でした。
夕食までに少し時間があったので、セルの散歩がてら近くを散策
この辺りはペンションが多く、他にも10軒ほどはあったと思います。
静かでいいところでした。

夕食中、セルはお部屋でお留守番。
フランス料理のフルコース、美味しいデザート、そして焼きたてパン(種類も豊富)
とっても美味しかったです。
酒飲み夫婦はワインのフルボトルを注文!  ( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイ
ワインは結構リーズナブルなお値段でした。
食事中はピアノの音色が流れて雰囲気もいい感じ… 

すると、突然ビンゴゲームが始まります。
子供達は大喜び 
\(^▽^)/ なかなかアットホームな雰囲気
和やかな時間が過ごせて楽しかったです。
オーナーさんご夫婦が一生懸命盛り上げてくれました。

いい気持ちで部屋へ戻ると、セルは賢く寝ていました。
すっかり落ち着いているようです。
「私達ばかり美味しいもの食べて、ごめんね」と、セルにもおやつをひとつ

こちらのペンションは、バス、トイレ付きの部屋とそうでない部屋があります。
私達は早めに申し込んでいたので、バス、トイレ付きの部屋でした。
お風呂は別に24時間入れるものがあるんですけど、
やっぱりトイレは部屋にあったほうがいいですよね。

運転で疲れたフーは、9時頃にはもう寝てました (^-^; 随分疲れたのね
その横でセルも仲良く早めの就寝。 

翌朝もいい天気♪
今日は富士山見えるかな〜 

朝食は和食だったので、ちょっとびっくり!
ここの鯵の開き、かなり美味しかったです。

早めにチェックアウトして、今日は富士山の五合目まで行ってみようと思います。
ペンション ミッキーの皆さん、お世話になりました m(_ _)m


富士山に行く途中、昨日のリベンジで大石公園へ立ち寄る事にしました。
見えました \(^▽^)/ 初富士山!
冬の雪化粧の富士山とは、まったく別の顔
やっぱり迫力あるなぁ〜
でも、ちょっと雲がかかっていて、くっきりとは見えません。

フー&カー&セル 
初の富士山ショット!セル〜どこ見てるのよ〜(> <)

ラベンダー&湖&富士山

昨日のリベンジもできて、富士山五合目へ Go〜=3
五合目までは 富士スバルライン で行きます。
往復で1,700円  (注) 8月上旬から8月中旬頃はマイカー規制があります 
富士スバルラインお問い合わせ先は こちら から



もっと早く出発すればよかった…
スバルライン結構混んでます 。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
富士山五合目に着いた時は、お昼になってしまいました。

セルと一緒に一度は来てみたかった富士山
本当は頂上まで一緒に登ってみたかったけど、それはちょっと無理…
でも、セルと一緒に来られてよかったな

こんなに高い所まで登ってきました。
車の窓からは雲海が見えます。
スバルラインから見る富士山
夏の富士山は、また違った雰囲気があります。
五合目で3人揃って記念写真
セルったら、下向いちゃってます (^-^;
小御嶽神社の前で記念撮影
山の天気は変わりやすく、さっきまで見えていた富士山は
一瞬のうちに雲に隠れてしまいます。

富士山を後にして、次に向かったところは 忍野八海(おしのはっかい) です。
ここはフーがどうしても行ってみたいということもあり、寄ってみることにしました。
忍野八海は、富士山に降った雪や雨が長い年月をかけ湧き出る八つの池の総称
湧池、出口池、お釜池、濁池、鏡池、菖蒲池、底抜池、銚子池 とあります。
その水は夏場でも30秒と手を入れていられない程の冷たさ
名水百選にも選ばれています。

ここは本当に感動!
池のなんとも言えない神秘さに目を奪われてしまいます。
駐車場は、お土産屋さんに止め買い物をするか、食事をすると数時間は無料になりました。
富士山で軽くお昼を取った程度だったので、
駐車場代ゲットをかねて、ここでそばでも食べる事にしました。
食堂で「犬連れでもオッケーですか?」と尋ねると、「大丈夫!皆連れて来てるよ」との事。
無事セルも綺麗な池を見ることができました。

お腹も一杯になり、ペンションのある河口湖へ
天気はいいのですが、
富士山は恥しがり屋のようで雲に隠れてなかなか顔を見せてくれません (> <)

ペンションへ行く途中にある ”河口湖 大石公園” というところに寄ってみる事にしました。
6月中旬から7月上旬は、ラベンダーが見頃です。
ラベンダー、湖、富士山の3点セットで写真におさめられるのはここだけなのだそうです。
雲がなければ綺麗な富士山が見えるはず、なんですけど…
今日はちょっとダメみたい。本当に残念 (T_T)
薄っすらと影は見えているんですけど、写真では確認できないくらいです。

園内には 河口湖 自然生活館 があり、
この時期は「ブルーベリー」のシーズンらしく、
ショップには摘みたての実が売られていました。
スーパーで買うより断然安い!
しっかり買って帰り、後日のデザートになりました
(*^.^*) 甘酸っぱくて美味しかった
他にもブルーベリーソフトやブルーベリー摘み、ジャム作り体験もできるそうです。
   こんな感じのおうどんです。
美也樹(みやき)

早い日には午後1時には売り切れる事もある人気店
馬肉を使った人気の肉天うどん 350円
これが食べたかった…
開花(かいか)

肉きんぴらうどん並  700円
ここの麺は、かなりの歯ごたえでした。
2年間熟成させた特製合わせ味噌をブレンドした汁は後をひきます。
キャベツのシャキシャキもいい感じ!美味しかったです。
同じバージョンで冷たい(つけ)も美味しかったですよ。
「すりだね」と呼ばれる薬味を入れると、美味しさ倍増
建物も素朴な感じで心が和みます。
写真では伝わりにくいですが、
水の透明感は半端ではありません。
セルは、しっかりカメラ目線です (*^.^*)

セル、この水は飲じゃダメよ 
実は福島県にいた頃、五色沼という池の水を
思わず飲んじゃった事がありました(^-^;
あの時はちょっとびっくりしたなぁ〜
底抜池(そこぬけいけ)

浅い池で最も深い中央部でも約1.5メートルの深さ
池底には泥が厚く堆積しているので
真の深さは不明
御釜池(おかまいけ)

釜中に熱湯が沸騰するように湧水する
という形状からこの名がついたそうです。
湧池(わくいけ)

直径約12メートルのほぼ逆円錐状の池
池の北端の開口部から湧き出る地下水の勢いに、
周辺に生い茂るセキショウモが揺れています。
富士山がもっとくっきり見えていたら、
もっと素敵な写真になったのにな…

落ち着いたセル   → そして →  横になりリラックしたと思ったら  →   爆睡しちゃいました

部屋に戻るとセルは落ち着いた様子でおとなしくしていました。
初めてのペンションで心配したけど、以外と大丈夫なものなんですね
安心しました。

夕食はフランス料理のフルコースもありますが、
スイス料理を代表するラクレットとフォンデュも選ぶ事ができます。
我が家はラクレットを注文。
専用の器具を使って、肉やシーフード、野菜などを焼き、
小さな鉄板みたいなものにチーズをのせてトロ〜リとしたところで
先ほど焼いたお肉や野菜にのせていただきます。
なかなか本格的で、美味しかったです。

 ←これにチーズをのせて焼くのです

外観はモダンで、とても落ち着いた北欧風な雰囲気
部屋も広く、清潔でとてもいいところでした。
お風呂も広く、光がいっぱい差し込んで
とても気持ちよかったですよ。
オーナーさんご夫婦も素敵な方です♪

木陰で涼しく、この時期でもクーラーなしで大丈夫!
とにかくゆっくりくつろげるペンションでした。

さぁ、たっぷり目の保養もしたし
今夜のお宿 
ペンション ZOO さんへ向かいます。
山中湖近くの静かなところにあります。

昨夜早く寝てくれたお蔭で(笑) この旅一番の富士山が見ることができました。

ペンションでの朝食はとてもいいものを出していただきました。
オーナーの奥さんの出身で、たしか…奄美大島だったと思うんですけど…(^-^; の
郷土料理らしいのですが、簡単に言えば、”お茶漬け” です。
白いご飯の上に、鶏のササミ(細かく裂いたもの)、インゲン、錦糸玉子、かまぼこ、
甘辛く煮たシイタケなどなど、数種類の具をのせ、
鶏ガラスープ(塩などで薄味が付いています)をかけていただくんですけど、
これがあっさりしていて美味しく、朝から食べすぎちゃいました。
写真がないのが残念…
夕食といい、この朝食といい、食いしん坊夫婦にはなかなかポイントの高いペンションでした。
セルは、ここのペンションお泊りワンちゃんの中で歴代大きさナンバーワンだそうです。
いろいろとお世話になりました♪
※後日テレビを見ていて分かったのですが、
  この奄美大島の朝食は 「鶏飯(けいはん)」 という郷土料理でした。


今回の旅行は、セルの手術がきっかけで思い立った旅行だったけど、
いい思い出になりました。
富士山はやっぱりいいですね。
いろんな意味で、たくさんのパワーがもらえました。
なによりも ”3人一緒” に来られたことが、本当に良かったですね〜

セル、一緒に富士山が見られて良かったね(*'-'*)

山中湖と富士山

朝日を浴びて赤く輝く富士山

今晩もフーとセルは8時過ぎには横になり、あっという間に寝息を立てておりました。はやっ!
「あんたらは、幼稚園児かっ!」と突っ込みたくなるほどの時間…
お陰で翌朝は5時過ぎに目を覚ましておりました (^-^;
そりゃそうだ(笑)
なんという規則正しい生活なんでしょう 

まだ静まり返ったペンションを外に出ると、空気がサイコーです。
やっぱり早起きはいいねぇ〜
ふと、富士山を見ると朝日に輝き、なんだかいい感じ!
朝食まで時間はたっぷりあるので、車で湖の方まで行ってみる事に…

朝もや?で、まだはっきり姿は見えないですが、朝日に照らされた富士山は
いままで見たこともない姿でした。
「赤富士」とまではいかないけど、少し赤みがかった富士山は冬と全く違った印象でした。
富士山って、こんな顔もあるんだ〜 などと思ってしまいました。

中の様子。昔の田舎のお家っていう感じですね。クリックすると画像が大きくなります。

この風景は、よく絵葉書とかで見ることが
できるのではないかと思います。
特に雪景色の時が有名ではないでしょうか?

富士山に雲がかかっているのが残念ですが、
絵になりますねぇ〜
フーはここの景色が見たかったのだそうです。
ここへ入るには、別料金がいります。
他にも昔ならがらの日本家屋の様子を
見ることができるそうです。
ワンちゃんは入れないので、セルと私は表で待機! 

富士山旅行 2005.7.16〜7.18