伊勢志摩 2008.4.12〜4.13


4月12日(土)

伊勢旅行2日目は、暑いくらいのいいお天気!
朝お風呂に入ってのんびりして、朝ご飯もたっぷり堪能しました。
昨日の伊勢海老の頭、ちゃんとみそ汁になって出てきましたよ(*⌒ー⌒*)v

今日は伊勢神宮内宮にいく予定です。
お天気もいいので、まずはパールロードを通って鳥羽展望台へと向かいます。
途中で見つけた看板
カニが通るんですねぇ 何カニだろう?
植木も可愛くカットされてました♪
鳥羽と鵜方を結ぶパールロードは、全長23.8kmのドライブウェイです。
途中にある 鳥羽展望台 は、太平洋を見下ろす箱田山の山頂にあり、その眺望は360°のパノラマが楽しめます。
渥美半島から大王崎まで、天気がいい日は富士山まで見渡すことができ、
正月には初日の出の名所として賑わうそうですよ。
平成7年に建てられた地元石鏡町出身の鳥羽一郎さんと山川豊さんの
「兄弟酒」の大きな記念碑が建てられています(写真右)

朝もや?ちょっと曇っていて、せっかくの景色もいまいちです(>_<)残念。
お土産コーナは、天草、のり、わかめ...などなど、海の幸がいっぱい並んでます。
松坂牛カレー これは思わず購入しちゃいました(*^.^*) 神都ビール
鳥羽といえば真珠。
こんな面白いお土産もありましたよ。
缶の中に真珠が入っていて、
自分でアクセサリーを作ることができるそうです。
何色の真珠が入っているかは、
缶を開けてからのお楽しみ♪なのだそうです。
鳥羽展望台を出てドライブ中も綺麗な海が広がります。   ↓牡蠣の養殖 牡蠣も名産です。
さぁ、伊勢神宮へ向かうぞ!と思ったら海の駅 黒潮 を発見。またまた寄り道です(笑)
店内の水槽から好きな食材を選んで、その場で焼いて食べることが出来るみたいです。
あいにく朝ご飯食べ過ぎでお腹いっぱいですぅ(≧◇≦)
市場の隣にはお土産屋さんがあります。 新鮮なしじみ貝から煮出した一番汁を煮詰めて作った
栄養豊富な濃縮タイプのしじみ汁の素です。
お湯で焼く15倍に薄めてお吸い物として頂きます。
お酒をよく飲む我が家にはピッタリ!ですよねぇ(笑)
朝からのんびりして、展望台やお土産屋さんとかに寄っていたら
伊勢神宮 内宮へ到着するのがずいぶん遅くなってしまいました(^^;
なので、伊勢神宮近くの駐車場はすでに満車。
仕方なく、少し離れた土手にある駐車場へ停めました。
河川敷の駐車場の側は、桜が満開です。綺麗ですね(*^.^*)




伊勢神宮 内宮に行くには、 おはらい町 といわれる通りを歩いていきます。
ここは、昔ながらの雰囲気が残る造りのお土産屋さんや食べ物屋さんが立ち並び
まるでタイムスリップしたような感じが味わえる所です。
河川敷の駐車場からは、地下の通路を渡って
おはらい町や内宮へ向かいます。
郵便局に銀行です。とてもレトロで味のある建物ですよね〜
おはらい町の町並み
この日はお天気も良かったからか、もの凄い人でした。
お土産を買ったり、名物の牛串やコロッケ、ソフトクリームなどを食べながらブラブラするのも楽しそうです♪
伊勢といえば 赤福! ですよね。 おはらい町の中程に赤福本店があります。
この日はとっても暑かったので、ここ本店でしか食べることのできない
赤福氷 が食べたかったのに、
店の横は長蛇の列(写真右)ではないですかぁーー ( ̄∀ ̄;) な、なんだぁ〜この列は…
久しぶりに赤福餅も食べたかったのに... この列ではいったいいつになることやら。。。すごく残念です。
帰りに通っても、列の数は全く減っていませんでした。皆さん安全に購入できる日を待っていたんですね。

とても絵になる風景ですよね。 この傘、16本骨組みの雨傘です。
濡れると桜の模様が浮き出てくるんですよ!
とっても可愛いですよね。女性用もありました。
さぁ、伊勢神宮 内宮へお参りしましょう。


伊勢神宮 内宮
内宮(ないくう)には、皇室のご祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)をお祀りしています。
五十鈴川(いすずがわ)の川上に千古の森に囲まれ、2000年の時を超えて
古代のたたずまいを今日に伝えています。
宇治橋鳥居(うじばしとりい)と
奥に見えるのが、
宇治橋(うじばし)
五十鈴川に架けられた木造の宇治橋は、神宮の表玄関です。
長さは101.8m、両はじにある鳥居は、旧御正殿の
棟持柱(むなもちばしら)をリサイクルしているそうです。
宇治橋を渡ると、
広々とした神苑(しんえん)が広がっています。
大正天皇御手植松(たいしょうてんのうおてうえのまつ)
火除橋(ひよけばし) 一の鳥居
一の鳥居を過ぎると、五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)があります。
ここは、参拝する前に心身を清める場所です。清流で有名な五十鈴川の水は、こんなに綺麗です。


神楽殿(かぐらでん)  ご祈祷のお神楽を行う御殿です。
風日祈宮橋(かざひのみのみやばし)
この橋からも綺麗な五十鈴川の流れを見ることができます。
風日祈宮(かざひのみのみや)
風の神を祀る別宮です。鎌倉時代の元寇(げんこう)の時、神風(かみかぜ)を吹かせて日本を守った神です。
御贄調舎(みにえちょうしゃ)
お祭りの時に
お供えするアワビを調理する儀式が行われる所です。
御正宮へと続く階段
新御敷地(しんみしきち)
御正宮の敷地は東西に2カ所あり、20年に一度の式年遷宮(しきねんせんぐう)で社殿が新しく建て替えられます。
平成25年には、ここに新しい社殿が建てられます。(写真上右:書かれている文章は外宮と同じ内容です)
御正殿は、新御敷地の方から望むことができます。
御稲御倉(みしねのみくら) 唯一間近に神明造が見られるところ。
外幣殿(げへいでん)
荒祭宮(あらまつりのみや)
天照大御神の荒御魂(あらみたま)を祀る別宮(べつぐう)です。
荒御魂とは、神の特別な働きをする状態、または神が現れた状態といわれています。
宇治橋へと戻ってきました。
初めて訪れた伊勢神宮ですが、圧倒的な存在感とパワーを感じました。
日頃の忙しさを忘れて、心が穏やかになるひと時を過ごすことができました。


いっぱい歩いたらお腹が空きました。
お昼は、おはらい町にある すし久 で伊勢名物のてこね寿司を頂きました。
ここはかなりの有名店、お昼時は結構並びますが、以外にお客さんがはけるのも早かった。
お店の方の雰囲気もよく、よいお店でした。
てこね寿し 1,050円
寿司飯の中には大葉が刻んで入っていて風味もよく、しっかりと味付けされたかつおも最高に美味しかったです。
赤福本店の前の道から おかげ横丁 という通りがあります。
どの建物の風情があり、こちらもおはらい横丁と同様に楽しめます。
昔の芝居小屋風の建物が目を引く おかげ座   中は歴史館になっています。300円
カラクリ映像や2分の1スケールの人形模型で江戸時代の「おかげ参り」の賑わいが体験できます。
招き猫のお店、招福亭
店内は定番の招き猫から個性的なものや、思わずクスッと笑ってしまう可愛仕草のものまで揃っています。
右手を上げているのは、金運を招き
左手を上げているのは「人」を招きます。
こちらは商売繁盛ですね。
我が家もお気に入りの小さな招き猫を購入。
もちろん右手を上げてますよぉ〜(笑)
可愛いでしょ?(*^.^*)
招福亭の真ん前には宝くじ売り場が。。。
そのまま福が持ち帰れるかなぁ〜(*^m^*)
河川敷の駐車場に戻る途中に赤福のお店があります。
せっかくなのでここで一服する事にしました。本店はまだまだ長蛇の列でしたから。。。
店内で頂く事もできますし、もちろんお土産で買って帰ることもできます。
地方発送は、まだできません。賞味期限も3日間だけです。
ほうじ茶とセットになった「お召し上がり盆(ぼん)」
歩きつかれた体に程よい甘さで疲れも和らぎます。 やっぱり赤福って美味しいなぁ〜
ここで頂くほうじ茶は、とっても風味も良く美味しかったです。
結構本格的に入れてくれるんですよ。
ほうじ茶って、なんだかホッとする味ですよね〜
私は香りも大好きです(*⌒ー⌒*)


昨日、今日と伊勢神宮を満喫できました。
やっと私達も、お伊勢参りの仲間入りをすることができましたぁ(o⌒∇⌒o)
両親がやってきて急に決まった伊勢旅行でしたが、
美味しいものも頂けて大満足の楽しい旅になりました。
両親にとってもお伊勢参りは特別のものだったようで、大変喜んでいました。
お陰様で親孝行もできました♪
伊勢志摩は、まだまだ見所もたくさんありそうだし、
美味しいものもまだ食べたりなので(笑)またゆっくり訪れたいです。



ホーム   国内トップ   翌日へ