京都 2008.11


11月2日、せっかくのお休み。
天気予報ではお天気も良さそうなので何処かへ行こう!ということになり
急遽決めたのが京都。
そろそろ紅葉も始まる頃かなぁ。。。と、期待していたけど
ちょっと早かったみたい(´_`。)グスン 期待していた紅葉は見られませんでした。

京都といっても、名所が多すぎ!
どこにしよう...と地図を広げると、世界遺産好きの我が家にもってこいの所がありました。
それは、平等院。
ここはふたりともまだ一度も訪れた事がありません。

お出かけ日和に、秋の行楽3連休ともなれば、高速も混んでます(×_×)
かなりの渋滞もありましたが、思っていたよりも早く
平等院のある京都宇治市には、約2時間で到着。


平 等 院

平等院といえば...そう!10円硬貨。表に描かれているのが平等院なのです。
平等院は宇治川を挟んだ対岸の宇治上神社とともに、
1994年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

1052年に藤原頼道が、父藤原道長が別荘として愛した建物を「極楽浄土の世界」を再現すべく、
仏寺に改め開創したのが平等院の始まりとされているそうです。

翌年の1053年に、国宝でもある「阿弥陀如来」を安置するため阿弥陀堂として鳳凰堂が造営され
阿字池を前にした、この優雅な建物が誕生しました。




こちらは表参道から来た側の
メインの入り口ではありません。


チケット売り場までのすごい列。
さすが3連休ですねぇ


パンフレット(左)とチケット(右)
大人ひとり600円(入園+鳳翔館)
※鳳凰堂内部拝観は、別途ご志納金 ひとり300円が必要です。


どうですかぁ〜 この風格!
10円硬貨と同じだぁ♪って、当たり前なんですけどね(笑)
この日は曇り空だったので、ちょぴり残念。青空だったら阿字池に写る姿も綺麗だったでしょうね。
本当は10円硬貨と同じようなアングルで写真を撮りたかったのですが
大きすぎて1枚の写真に納まりません。左右が切れてしまいます(涙



向かって左側のアングル


向かって右側のアングル


鳳凰堂の内部を拝観をしたかったのですが、
この日はなんと2時間待ち!( ̄∀ ̄;)
残念ですが、諦めました。


屋根には国宝の鳳凰があります。


遠くからでもシルエットが美しい。


お土産屋さんにあった鳳凰像
 


この瞬間まで気が付かなかったのですが、
鳳凰は、壱万円札に描かれていたんですね。
ちなみに宇治つながりで、あの二千円札にも「源氏物語」が描かれています。
10円硬貨、壱万円札、そして二千円札、宇治ってこんなにお金に縁があったなんて、
この瞬間まで気が付きませんでした。。。
平等院の全景を動画でどうぞ


ちょっと映像が短いですが(^^;全体の雰囲気は伝わったでしょうか…
         

鳳翔館は、梵鐘、鳳凰1対、雲中供養菩薩像26体をはじめとし、
平等院に伝わる様々な宝物類を保存、展示するための博物館です。
写真右は、エントランスの格子越しに見える梵鐘(国宝)です。
館内の撮影は禁止になっています。


「日本三名鐘」のひとつである鐘楼。
 


現在、吊るされているのはレプリカ。
本物は、鳳翔館の中に展示されています。


昔、その響きは
京都の伏見まで届いたそうです。


鐘には、鳳凰、飛天、獅子、唐草などの
模様が描かれています。



 


藤の花が満開の時期にも
一度は訪れてみたいですね。


一枚一枚に雲中供養菩薩が描かれたトランプ。
JOKERには、鳳凰が描かれています。
結局、鳳凰堂の中を拝観する事はできなかったけど、間近で見る平等院に感動でした。

平等院をあとにして、宇治橋の方へと行ってみる事にしました。


宇治橋


クリックすると大きくなります。
宇治川の流れの速さにびっくりです。橋からの眺めは、開放感があって
どこかレトロな雰囲気も味わえて、とっても素敵でしたよ。

宇治橋から平等院へ行く途中は、多くのお茶屋が軒を連ねる平等院表参道があります。
平等院表参道は、平成13年11月12日環境省より 『伝えたいこの香り、残したいこの風景』 として
かおり風景100選の風景のひとつに認定されました。
参道周辺を舞台に毎年10月上旬に茶祭りが行われているそうですよ。



 
 


参道を歩けば、なんともいえない
お茶のいい香りがします。安らぎますよ〜


こんな風情のあるお茶屋さんがずらり。


レトロな感じでタイムスリップしたみたい。


店先でほうじ茶を焙じてます。
これがとっても香ばしくていいかおり♪


ほうじ茶の香りって、
どこか懐かしい感じがして大好きです。


店先で宇治茶を頂いて、美味しいお茶の香りと味が楽しめます。
我が家も新茶をひとつ買ってみました。
甘みと風味がよく、美味しいお茶でした。


十三重石塔


ここは鵜飼も有名なところ。
丁度鵜に餌をあげる時間に遭遇。
魚を丸呑みする姿は迫力満点でした。


屋形船で食事をしながら
のんびり宇治川観光もできますよ。
もちろん手軽に船のみの観光もあります。
さて、そろそろ小腹も空いてきました。せっかくなので、お昼は茶そばを頂くことにしました。

店先で蕎麦を手打ちしている一番入りたかったお店が売り切れ?なのか
もう閉まっていたので別のお店へ。
食いしん坊なのに、今回は急だったためリサーチ不足な我が家でした(T_T)

参道には抹茶ソフトがあちらこちらで売られていて、美味しそうだったけど結局食べなかったなぁ
お店によっては、抹茶ソフトの上から粉末のお抹茶を振りかけているお店もありましたよ〜
こういうのって、ポイント高いですよね
お蕎麦屋さんも甘味屋さんも、たくさんあるので、色々とリサーチしてくださいね(*^ー゚)


カー注文の茶そば天ざる

 


フーは...なんだっけ?名前忘れちゃった(^^;
3種盛りですぅ(笑)
茶そば、手打ちだったし美味しかったんですけど… 
お茶の香りや風味って、あまりよく分かりませんでした(^^;
蕎麦の味って、難しくてお子ちゃま舌の私には全く分からないですねぇ(笑)

平等院の駐車場へ戻って来るとまだ午後3:30。
このまま帰るにはまだ早いし・・・
地図を広げると、ここから40分ほどで銀閣寺へ行けそう。
金閣寺は何度も行ってるけど、銀閣寺はふたりとも初めてなのです。
という事で、次はここに決まり!

携帯で調べてみると、参拝時間は午後4:30まで。これは急がねば=33