京都 2008.11


銀閣寺拝観時間の16:30には余裕で間に合う予定だったのに、またまた渋滞(>_<)
やっと着いた♪と思ったら、今度は駐車場が空いてない...(涙
しばらくウロウロしてやっと車が停められたのはタイムアウトの16:30。
もうダメだ...と、諦めていたら、
さすが3連休、この日は17:00まで参拝できるそうです(*⌒ー⌒*)v
※実は夏季(3/1〜11/30)午前8:30 〜 午後5:00
冬季(12/1〜2/末日)午前9:00 〜 午後4:30 なのだそうです。

しかし、ハラハラしながら到着した銀閣寺ですが、
なんと、修復工事中でした。 マジ?
( ̄□ ̄;)うそでしょ...
※銀閣寺の修復工事は、平成20年2月より約2年間の予定です。

銀閣寺

銀閣寺の正式名称は、慈照寺。世界遺産(世界文化遺産)に指定されています。
足利義政が文明14(1482)年に開いた山荘です。
義政はここを拠点に様々な文化を育みました。


 


クリックすると大きくなります。



 


総門から中門にいたる参道の左右には
長さ約50mの生け垣が美しい。


拝観料は、おとなひとり500円


パンフレット(左)とチケット(右)


ま、これも貴重な1枚かしら。。。
なんて思っても、やっぱりショックですぅ(涙


行きは急いでいたので、
修復の案内看板も目に入らず…です(^^;
閣のやや北よりの東側に、白砂を敷きつめ表面に縞模様をつけた「銀沙灘」が広がり、
銀閣よりのところに白砂を円錐状に盛り上げて、
先端を水平にした富士山のような
「向月台」があります。
これらは、銀閣寺が造られた頃からあったものではなく、
江戸後期に造られたものであると言われています。

銀沙灘(中国の西湖の型)や、向月台が、月の光を反射して銀閣を照らすと言われているそうですよ。
満月の夜にぜひ見てみたいですねぇ


向月台


 


左奥にあるのが、銀閣寺形手水鉢


東求堂(どうぐどう)  国宝 


東求堂(とうぐうどう)
文明18年(1486年)に完成。
政治から逃げ出した義政が、東山文化の集いを開き茶道、華道、能などの伝統文化を生み出した場所。
この中にある茶室は日本最古のもので茶室の模範であるとされているそうです。
東求堂は、国宝に指定されています。



銀閣寺の紅葉は綺麗でした。


大内石


銀閣寺で見られる苔の種類


苔にも邪魔なものがあるんですね。


この地は山裾で水はけもよく、
苔も豊富で楽しめます♪


苔を見ながら、マイナスイオンもいっぱい。
なんだか「もののけ姫」の世界みたい。


洗月泉


 


お茶の井


クリックすると大きくなります。


ぐるりと回って、随分高い所まできました。
ここからの眺めは最高です。


でも、やっぱり銀閣寺が見えないのは残念。
 


それでも貴重な風景でパチリ♪
ちょっぴりライトアップされてきました。


せっかくなので、修復工事中の銀閣寺も
しっかり写真に残しておきます(笑)


せっかくなので、アップでも…
もういいって?(笑)


銀閣寺の屋根
柿葺(こけらぶき)と言います。
 


サワラの薄い割り板を3センチずつ
ずらしながら重ね、竹釘でとめていく工法にて
葺かれています。
        

あまりにも残念なので、ポストカードを購入(笑)  雪景色もいいですね。
派手さはないですが、銀閣寺は庭も楽しむことができて、
日本のわびさびが思いっきり感じられ、ほっこりと過ごせる所ですよね。
清 水 寺

銀閣寺を出ると、5時をまわっていたけど、まだ帰るにはもったない。
せっかくだから、この時間からでも間に合う清水寺へ行く事に。。。
18:00の閉門ギリギリに間に合って中へ入ることができました。
が、真っ暗... 清水の舞台からは何も見えませんでした
( ̄∀ ̄;)


三重塔
江戸時代初期(重要文化財) 日本最大級の三重塔で高さ31メートル弱。
一重内部に大日如来像を祀り、四周の壁に真言八祖像を描き、
天井・柱など密教仏画や飛天・竜らの極彩色で荘厳されている


ライトアップされた姿は、
鮮やかな昼間とは違い神秘的です。


中は真っ暗で、何も見えない...
この後、この灯りも消えてますます真っ暗に。
 


チケット売り場


チケット 拝観料大人ひとり300円


遠くに見える夜景は綺麗でした。京都タワーが見えます。


綺麗ですねぇ


閉門された清水寺の入り口


今回は真っ暗でしたが、夜の特別拝観
11月13日から12月7日まであり、
ライトアップされた美しい姿が見られます。


この時間は、お土産屋さんも閉まりだします。
開いているお店を見つけて、八橋を購入。


こちらの硬い八ツ橋も我が家は大好き♪


ニッケの風味と香ばしい味わいです。


今流行りの塩味の八ツ橋
塩?って感じだし、ニッケの風味も薄い。
やっぱり定番の方が美味しいかも。


フジテレビの「めざましテレビ」で
紹介されたみたい。
 
銀閣寺の修復から、最後は真っ暗闇の清水寺での締めくくりとなりましたが(笑)
久々の京都は、ほっこりできてやっぱりいいですね(*^.^*)
近いんだから、もっと頻繁に来ないともったいないなぁ。。。と、ちょっぴり反省です。
楽しい1日になりました♪