朝 食 編


以前からずっと気になっていた塩たたき...

今この塩たたきがブームらしくて、
土佐の高知では手軽にどのお店でも食べられるようです。

塩タタキは、焼く前の鰹に塩を振り
豪快に焼いたあと、熱いまま切って食べるもので、
今までの鰹のたたきのようにポン酢はかけません。
特に藁で焼くと風味もよく、一段と美味しく頂けるそうです。

これがすごく美味しいと聞いて、一度は食べてみたかったのですが
でもなかなか行く機会がなて...
久し振りに休みが取れたので急遽「塩たたき」を食べに高知へ行く事にしました。

四国までは高速代や橋代(今回は瀬戸大橋)を入れると
交通費だけで何千にもなり、なかなか行くのも大変だったのですが
今は土日だと2千円ほどで行けちゃうので、とっても助かります。

塩たたきは、夕食のお楽しみに。。。ということで
お昼は、これもずっと前から気になっていたお店へ行ってみる事に。

高速の坂出ICで途中下車して車で15分走ると、
今回のお目当てのお店 一鶴(いっかく) 土器川店 で食べる事にしました。
ここは、骨付鳥が食べられるお店。
『ぴったんこカンカン』という番組で石塚さんが「まいう〜〜」を連発していて、すごく食べてみたかったのです(^^)



店内はレトロな雰囲気
懐かしい感じで落ち着いて食事ができます。



厨房拝見
たくさんのオーブンらしき物が並んでますよ〜
これで鳥をじっくりと焼くんですね。


正しい食べ方があるようです(笑)


メニューは、ふたつだけ。こちらは、ひなどり
皮はパリパリ!身はジューシー!
味は、ニンニクやスパイスが効いてピリッとします。


下には旨味たっぷりの脂がたまってます。
見た目ほどクドくないです。



こちらは、おやどり。ひなどりに比べて
歯応えがあり、噛めば噛むほど旨味が出てきます。


さて、ここでお勧めな食べ方に挑戦!
まずは、おにぎりを注文しましょう♪


ここで大切なのは、鶏の旨味がたっぷりと出たあの脂。
地元の方は、これにおにぎりを付けて頂くそうなんですよ。

これがうまうま〜 クセになりそう。


とりめしも、あっさりとした味でお勧めです。
一緒に出てくるスープも、鳥の出汁が効いて美味しいです。



最近四国では、この骨付鳥が流行っているようで他にも色んなお店があるようです。
この鳥は想像以上に美味しかったので、
次回は別のお店で違った骨付鳥も食べてみたいなぁ〜と思いました。

この後は高知に向かって再度高速へ。早めにホテルへチェックインです。