和歌山旅行
白浜・串本・那智勝浦
2007年2月10日〜2月12日


 2月10日   
11日前半へ   11日後半へ   12日へ



今回我が家は、天気も良さそうなので、
温泉&美味しいもの&パンダを求めて和歌山方面へ行く事にしました。
最近なかなか休みが取れないフーもお疲れモードのようなので、
久しぶりに温泉でも入って、のんびりする予定です。

関西方面からは、高速も延び以前より時間もかからなくなりました。
それでも和歌山を過ぎたころから1車線になり、トンネルも多くなるため
渋滞を避けるために、朝7時に出発


まず我が家がこの時期に目を付けたのは「クエ」という魚
漁獲が少ないため、希少価値が高く「幻の高級魚」と言われているクエは
この時期、和歌県御坊市や日高市などで、天然のものをいただく事ができます。
見た目のグロテスクな姿からは想像がつかないきれいな白身の魚ですが、
その身は脂がのっていて、とても美味しいそうです♪
ということで、せっかくなので「紀州名物クエ鍋」を食べる事にしました。


本日の第一の目的は「白浜アドベンチャーワールド」で
昨年の12月23日に生まれた双子のパンダを見に行く事!
「クエ鍋」は、夕食にすると金額が高くなる為に、
我が家が目を付けたのは "ランチ" なのでした。
夕食で8,000円ほどする料理も、
お昼に食べれば半分の金額でいただく事ができるわけなのです(*⌒ー⌒*)v
その為に高速を途中降りることになってしまいますが、仕方ないですね。。。

今回クエを食べる為に選んだお店は「レストラン雲水」というところ
本で見たのでどうかなぁ〜 と思ったのですが、
クエ鍋、クエの薄造り、唐揚げなどが味わえる「クエ会席コース」が、
お昼だったら、3,000円ちょっとで食べられるそうなんです。
お昼にしてはちょっと高いけど、
クエ料理がこの値段で食べられるということで、ここに決定!
11:00に予約を入れ、お店のある御坊市へ出発です。

朝早く出たお陰で、高速もまだ混雑はなくスムーズに進みました。
途中、紀ノ川SAで休憩です




  
ここでお土産に購入したのは、この辺りで有名な「紀の川漬」というたくあん漬 315円
ごくふつーの「たくあん漬」でしたが、私には、ちょっと塩分が強い気がしました


その後も車は順調に走り、川辺という出口で高速を降り
お昼を食べるお店に向かうと、ちょっと残念なことが。。。
大型バスが停まるようなお土産屋さんの上に、食事をするお店があったんです。
バスツアーで昼食をとるようなお店だったんです( ̄- ̄;)
こういう所って、あんまり期待できないですよね。。。


ここは、道成寺という和歌山県最古のお寺がある場所です。
予約より1時間ほど早く着いたので、このお寺を見ることにしました。


ここが、駐車場です
レストランで食事をする人もこの駐車場に車を止めます
食事をする人は、駐車場代は無料です


道成寺 (どうじょうじ)


歌舞伎や能で名高い安珍清姫の非恋物語の舞台
701年(大宝元)に義淵僧正開創と伝わる紀州最古の寺です
本堂は重要文化財の建造物に指定されており
国宝、文化財指定の仏像をお祀りしています。
道成寺の詳しい情報はこちらから


謡曲と道成寺





仁王門 (重要文化財)

元禄13年(1700)建立
能楽「道成寺」の乱拍子を生んだとされる六十二段の石段と仁王門
重要文化財創建時の中門にあたる場所に建っており、
中門の左右には複廊式の回廊が取り付けられていたことが確認されています。
本堂 (重要文化財)
承平12年(1357年)に建立され、現在の建物は天授4年(1378年)に立て替えられたそうです
南側と北側に正面がある「両正面裏無し堂」と呼ばれる珍しい構造で、
通常の正面は南側で、北側の正面は奈良に向かうように建てられているそうです
この千手観音様は、重要文化財に指定されています
日本で最初か二番目の千手観音像で、
1300年経った今も本堂に安置されています
槙 柏
本堂横にそびえる大樹
槙柏特有の彫りの深さとねじれが見事なのだそうです
三重塔 (県指定重要文化財)
創建時の塔跡に、宝暦14年(1764年)に再建されたそうです   高さ20m、総桧造り
内部には三重塔の本尊、大日如来が安置されています
建造物の細工は、とても細かかったです
二代目念仏堂
残念ながら、老朽化のため大正4年に初代の念仏堂は解体され、平成17年に二代目の念仏堂が完成しました
念仏堂本尊 五劫惟思阿弥陀如来像
若い頃の阿弥陀如来様は、全ての人が救われる道を求めて瞑想をお続けになりました
その間に髪が伸び放題になったお姿を表しています
少年のようなお顔で、手を衣の内に納めておられるのも、同じ理由です



昼食を予約していた11:00になったので、レストラン雲水へ向かいました。
このレストランは、道成寺の階段を下りたお土産屋さんの2階にあります。

レストラン 雲水

こちらは、本店
団体さんがくると、鐘を鳴らしてました
私達が食事をしたのはこちらの別館
道成寺の階段を下りてすぐのお土産屋さん2階
同じ部屋にグループごとにテーブルが分かれていました
団体さん用のテーブルもありました
クエ会席コース (要予約)
クエ鍋
期待していたほど身のプリプリ感と脂ののった感じは
あまりなかったかな。。。
クエの身は、見た目は鱈によく似た感じ
鱈よりも弾力があり、皮の部分がほんのりゼラチン質
昆布だしのお出汁でいただきます 最後の雑炊は、クエからいい出汁が出ていて美味しかった

お刺身
臭味もなく淡白な感じ
にぎり
あっさりした味
湯引き
皮の部分は
歯応えがありました
天ぷら&唐揚げ
冷たくて残念だったけど、
クエの唐揚げはイケます

物語にもでてくる釣鐘 道成寺名物 釣鐘まんじゅう (黒あん、白あん)
出来たての黒あんを2個購入 (1個 100円)
あんは粒あん、ホカホカでした♪
お土産屋さんで、焼いています 和歌山みかん
そういえば、和歌山といえば「みかん」の産地ですよね〜
安くて種類も豊富でした (地方発送もできます)
湯浅(ゆあさ)しょうゆ
瓶が可愛かったので、こちらで有名なお醤油を購入
甘めのとても濃い味です
紀州の地酒も買ってみました
にごり酒です


店の方はすごく愛想がよく感じは良かったのですが、
本格的にクエを味わいたい!という方にはちょっと… だと思います。
これが本当の美味しいクエの味か。。。と言われると、
違うんじゃないのかなぁ〜という気がしますね。
私達も本で見て行ったので、まさかお土産屋さんと一緒になっていて、
ツアーの団体さんが来るレストランだとは思ってもいませんでした(^-^;
お昼にこの値段で…と考えると、ちょっと高いかな?と思います。




本日一番の目的地である アドベンチャーワールド へ向かいます
御坊ICから高速にのり、阪和自動車終点のみなべICで降ります
途中、とても綺麗な梅林に遭遇
車を降りて思わずパチリ!


   

忘れてました!和歌山といえば、あの有名な「南高梅」の産地ですよね〜
今の時期だけに見られる、とても綺麗な風景に出会えて感激(*⌒ー⌒*)
青いネットは、梅の実を収穫する時に使うものだそうです。

和歌山県みなべ町といえば、日本一の梅の里で「南部(みなべ)梅林」が有名
梅林散策コースなどもあり、この時期綺麗な梅林が楽しめるそうです。


車の窓からの風景は、青い海と道路沿いのヤシの木
南国ムードたっぷり!
お天気もいいし、本当に気持ちのよいドライブ日和です。


   



アドベンチャーワールド

詳しい情報は こちら から

正面入り口
向かって左側にチケット売り場があります
入り口を入ると、どこも同じような感じですねぇ〜
お土産ショップが並んでいます
まずは、パンダ!ですが、その途中にある「怪獣館」をチラッと覗いてみると
白くま ラッコは餌の時間
パンダランド
2006年12月23日に双子のパンダが誕生しました。
父 永明   母 梅梅  
2005年8月23日生まれ 幸浜(コウヒン)
部屋の中にいる他のパンダは、えっ?っていうくらい汚れていて、ちょっとがっかりしましたが、
この幸浜は、まだあどけなさが残る感じでとても可愛かったです。
1:30から双子の赤ちゃんパンダとお母さんの様子が見られるということだったので、
行ってみると・・・  すでにすごい列!
「立ち止まらないでください」という飼育員の方の呼びかけにも負けずに、
可愛いショットをパチリ!と頑張りました (笑)
あっという間でした (^-^;
お母さんの梅梅は、一匹の赤ちゃんを抱っこして寝ていました。
あれ?もう一匹は…?と思って隣を見ると、コロンともう一匹が転がっていました。
えっ!? こんなんで、いいのかなぁ〜っていう感じでしたねぇ〜(笑)
パンダは普通一匹しか子育てをしないらしく、もう一匹は育児放棄をされる事があるそうです。
中国のパンダセンターでは、お母さんの食事の時に赤ちゃんを入れ替えて、子育てをさせているそうですよ。
なんなら、この一匹は我が家がもらってもいいんだけどなぁ〜。。。なーんて思っちゃいましたよ(笑)

遠くからでも赤ちゃんパンダのフワフワの毛は確認できました〜 (*^-^*)
一瞬でしたけど、とても可愛い姿が見られて幸せでした。
もう少し大きくなってヨチヨチと歩き出した頃は、またなんとも言えずに可愛いのでしょうね〜
5月頃が狙い目かもしれませんよ!
帰りにもう一度寄ってみると、
幸浜は、寝そべってお食事中でした。
器用に手で笹を持って、グータラに食べていました(笑)
こういうグータラな感じが、また可愛いんですよねぇ〜
水飲み場にも、可愛いパンダが。。。


 こちらは、幸浜です
滑り台の上にあるおやつを食べようと登って滑ったところ

滑り台の上にあるおやつを食べようと
登って滑ったところ



一瞬でしたけど、可愛い赤ちゃんパンダも見られて、大満足 (*⌒ー⌒*)v

次は、サファリワールドへ行ってみる事にしました。
ここは、放し飼いにされている動物達をいろんな乗り物で満喫できます。
歩いても見て回れますよ。もちろん草食動物のゾーンですけど。。。
我が家は、「ケニア号」というバスのような無料の乗り物で回ることにしました。



  
 ケニア号(無料) 肉食動物、草食動物の各エリアを1周約25分で巡ります。

まずは、草食動物ゾーンへ

  

  
キリンの目の高さで見られるキリンテラスがあります。
目の前にキリンがくるので迫力満点のようです。
これ行きたかったのですが、時間が合わずに断念(TεT) 側で見たかったなぁ〜 
時間:14:40〜14:50


  


続いて、肉食動物ゾーンへ

  

  

  

  

結構動物もまじかで見られるし、無料なら十分だと思います♪



喉が渇いたので、ここで休憩

4種類のマフィンの中から好きなものを一つ選んでドリンクバー付で400円
私が注文したのは、アップルクーヘン
味は。。。 見たままの普通です(笑)



パンフレットを見ながらゆっくりお茶をしていると・・・
「ライオンの赤ちゃん」という気になる文字を発見!
エンジョイワールドのHelloルームというところで
赤ちゃんライオンが見られるらしい。。。
時間を確認すると...あと15分ほどしかない!急がねば =3



いました!いました!\(^▽^)/
かわいいなぁ〜


  
太い手足と、お腹がポンポコリンで、可愛いです。

ずーっと見ていても飽きないですねぇ〜 (*^-^*)


タイヤで遊ぶライオンの赤ちゃんです♪
まるで大きな猫ですよね〜 無邪気な姿が可愛いです(*^▽^*)




ちょうどイルカショーの時間になったので、ビッグオーシャンに向かいます。
シャチのショーが有名なので、楽しみにしていたんですけど見られずに残念

  

  
イルカショーではおきまりの「お客様の中から。。。」と言った瞬間に
「はい、はい!」 (^▽^)/~~ と手を上げたのですが
やはり、おこちゃまには敵ないませんでした(笑)

  

  

ショーが終ると、プールの近くまで行って間近にイルカを見ることが出来ます♪
ちょっとガラスが汚れて見えくいですが…
  

ダイナミックなジャンプ、さっそうと泳ぐ姿、何度見てもイルカショーはいいですね〜

イルカショーの雰囲気は、こんな感じですよ
イルカは可愛くて、いつ見ても幸せな気持ちになります♪





最後にふれあい広場へ
鳥や小動物たちと触れ合えるゾーンです。
と言っても、ミーアキャットやカバ、猿などは柵や檻に入っています

  



お土産屋さんで、フーの買い物心に火が付きましたよ〜
手のひらサイズの小さな陶器の置物です。
赤ちゃんは、お母さんが抱っこできるようになっています。

  


半日でしたが、十分に楽しめました。
もう少し双子の赤ちゃんパンダがゆっくり見られたらよかったんですけど…
アドベンチャーワールドを後にして、本日の宿へ



今回、旅行を急に決めたので車中泊にしようと思っていましたが、
白浜で安く泊まれる所を発見したので、そこに決定しました。
次の日は、朝早く(4:00頃)に宿を出て那智勝浦という所で
日の出を見る予定にしているので、ゆっくり寝られれば十分なんです。
今回もトイレは共同という部屋ですが、
車中泊で道の駅に泊まっても同じことですからね…
明日は移動距離も長いですし、今晩はゆっくり寝られるようにと思って
ここへ宿泊することにしました。
宿は白浜温泉で、源泉かけ流しのお風呂なのでそれだけで十分です。
久しぶりの温泉だなぁ〜 (*^▽^*) どんなお湯なのか楽しみだなぁ♪




道が混んでいて、民宿に到着したのは6:00頃でした。
宿は 民宿のあ さんです。
白浜と言えば、釣りに来る方が多く、
ここはそういう方が利用をすると事多い宿みたいです。
今回は、パソコンから じゃらん で予約をして
素泊まりで、ひとり 3,300円でした。
他にも温泉がゆの朝食付きや、朝、夕食付き、長期滞在プランもあります。
民宿はアットホームな感じで、オーナーも親切な方でした。
「明日は、朝早く出発するので…」と言うと、
「では、入り口の鍵を開けておきますから…」と快く言っていただきました。
部屋はけして広くも新しくもありませんでしたが、清潔感はありました。
部屋はこんな感じです



ちょっと笑えたのが、テレビ。。。
スイッチを入れると、ジーという音がちょっとうるさかったのと、
テレビに写る人が宇宙人でした (゚∇゚ ;)エッ!?
出てくる人の顔が緑色なんですよねぇ〜 
(≧□≦)キャー怖いよ〜〜
でも、大笑いでした ε=(>ε<) プーッ!!
ま、明日の朝が早いから、テレビもゆっくり見ないし、
全然オッケーでしたけどねぇ。。。(笑)

お風呂は、とっても良かったですよ。
こじんまりした大きさでしたが、ぷ〜んと硫黄の臭いがして、
久々に温泉らしい雰囲気が味わえました。
とてもいいお湯でした。



素泊まりにしていたので、とりあえず夕食を食べに出かけました。
民宿の近くにも食堂はありますが、歩いて10分ほどの所にある
本を見てチーズ好きの私がどうしても行きたかったお店に決定

美砂家(みさや)




ピッツァ・チーズ料理の店

和歌山県西牟婁郡白浜町1405-1
TEL 0739-43-7399
営業時間 11:30〜13:30、17:00〜20:30
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休)
5名以上の場合は要予約(入店は小学生以上)


料理に合わせて数種類のチーズがブレンドされているので、色々なチーズ料理が楽しめます。
ここは、本当に美味しかったです。お店の雰囲気もいいですし、お勧めです。
  
入り口はお洒落で、店内は落ち着いた雰囲気

  
ここの人気メニューは、左のリンゴとブドウのピッツァ 900円 ブドウの酸味が絶妙!美味しいです
右は、アンチョビのピッツァ  アンチョビ大好きなんですよ〜 これも美味しい!
パリパリの生地に、ソースは野菜をいちからきざみ、2日間煮込んで仕上げるそうです。
小さなピッツァなので、ぺロリと食べれます。

  
チーズフォンデュ  2,500円
数種類のお酒とチーズがバランスよくとけ込み、ワインとの相性もバッチリです。





お腹もいっぱいになり、宿へ帰ろうと思ったら「足湯」を発見!
もちろん、無料です(*⌒ー⌒*)v
足湯は入ったことなかったので、さっそく入ってみる事に。。。


  
とにかく熱い! (>▽<;; アセアセ  足湯ってこんなに熱いの?
2分も入ると足がジンジンしてきます。
居合わせた方たちと、我慢大会のようになり大騒ぎでした(笑)
効能のところを見てみると・・・ 
50℃以上と書いてあったような。。。( ̄□ ̄;) そりゃー熱いよ〜〜
でも歩いていると、ポカポカして気持ちよく、足が軽くなった感じがしました。
もっと寒かったら、これ以上に気持ちよかったでしょうね〜
タオルも置いてあります。



他にもこんなものがありました

足湯に浸かりながら食事ができるようです
皆さん平気で足を浸けて食事をしていたので、
ここのは、ぬるめなのでしょうね(笑)
手湯って、珍しいですよね〜
伝・弁慶産湯の釜と書いてありました



足湯まで入って、なんだか得した気分で宿へ戻り、
お風呂に入って、宇宙人のテレビを見ながら(笑)のんびりと。。。
明日は那智勝浦まで行き、海からの朝日が見たいので4:00に出発です。
早めの就寝で、明日に備えましょう。。。( ̄¬ ̄)ZZZzzz・・・